白髪染めの決め方

カラーリングは髪が白髪出ない人が脱色して希望の色に染めること、白髪染め剤は脱色する過程はなく、直に髪を染めます。

白髪染めのデメリット

白髪染めは白髪を染めて、若々しく、そしてきれいな髪を作り出してくれますが、やはりデメリットもあります。

まず、白髪染めを美容院でする人も多いかと思いますが、思い通りの色にきれいな仕上がりになるのは確かなのですが、頻繁にすると髪と頭皮に負担をかけてしまう、美容院代がかなり掛かってしまうというデメリットがあります。

美容院によっては、髪がきれいに染まり切らなかったり、白髪の部分が浮き出てしまうような不自然な仕上がりになってしまうこともあります。

染料の成分でアレルギーを起こす場合もあります。

自宅でする白髪染めの場合は、見えない部分が上手く染まらなかったり、ムラが出てしまったりというデメリットがあります。

また、肌や服に付着すると取れないので、染める為に手袋をしたり、ケープをしたりと準備が大変です。

洗面台や壁などへの飛び散りも落ちにくいので注意が必要です。

きれいに染まらない場合も多いのに、髪や頭皮へのダメージは確実にあることが大きなデメリットです。

美容院の白髪染めと同様でアレルギーを起こす場合もあります。

髪に優しいとされる白髪染めトリートメントの場合、髪へのダメージはなくなりますが、カラーの種類が少ない、染まりにくいなどのデメリットがあります。

使用方法や放置時間によっては、髪がほとんど染まらないという商品もあり、結果的にコストが掛かってしまう場合も。

手袋不要の白髪染めトリートメントが多いのですが、中には手袋を使用しないと爪に色がついてしまう物もあるので注意が必要です。

Comments are currently closed.