白髪染めの決め方

カラーリングは髪が白髪出ない人が脱色して希望の色に染めること、白髪染め剤は脱色する過程はなく、直に髪を染めます。

白髪染めの種類

白髪染めと一言にいっても、白髪染めにも様々な種類があります。

まず、昔からある白髪染めで部分染めなどにもお勧めのクリームタイプがあります。

クリームタイプなので液垂れの心配がないこと、小分けにして使えること、しっかり染まるという特徴があります。

クリーム状の白髪染めにはその他に白髪染めトリートメントもあります。

このトリートメントタイプの白髪染めは毎日の洗髪中に気軽に使用できること、髪や頭皮に優しい成分で安全性が高いこと、髪を徐々に染めていくので自然に染め上がっていくことなどが特徴です。

使えば使うほど、髪が染まる、そして髪と頭皮が元気になるという白髪染めです。

また、最近人気を集めているのが泡フォームタイプの白髪染めです。

コマーシャルをみて気になっている人もいるのでは?ムースを髪に付ける様に塗布するので手軽に利用できるということ、きれいに染まりやすい、ムラができにくいなどの特徴があります。

泡フォームタイプにはヘアマニキュアもあります。

ヘアマニキュアは表面から色をつけるという物なので、色が落ちやすいのですが、髪に負担をかけずに自然な仕上がりになるのが特徴です。

そしてスピーディに髪を染めたいという人にお勧めなのが乳液もしくは液状ジェルタイプです。

液垂れしやすいけれど、その柔らかさは髪に浸透しやすいということなのです。

髪に伸ばしやすいので、均等に髪に塗布できてムラができにくいという特徴があります。

Comments are currently closed.