白髪染めの決め方

カラーリングは髪が白髪出ない人が脱色して希望の色に染めること、白髪染め剤は脱色する過程はなく、直に髪を染めます。

白髪染めとカラーリングの違い

白髪染めとカラーリングは違うというのを知っていますか?

市販の白髪染め剤を販売しているところの多くはカラーリング剤と並んで販売されているので、どちらも同じ物だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、パッケージをよく見てみると、白髪染め剤には「白髪用」などときちんと記載されています。

カラーリングというのは髪が白髪になっていない人が使用する場合のヘアカラーで、元の髪のメラニンを脱色して、希望の色に染めます。

白髪染め剤の場合は、元々の髪が白くなっている訳ですから、脱色する過程はなく、直に髪を染めます。

髪に色は浸透しやすいですが、色の抜けも早いので、定期的な白髪染めが必要になります。

いずれにしても白髪染め剤もカラーリング剤も髪や頭皮への負担は大きくあります。

しかし、この白髪染め剤に関して、今は様々な種類があり、一般的な白髪染めはジアミンという科学物質を利用して髪を染めますが、髪が傷んだり、頭皮が痒くなったりという人がいることから、ヘアマニキュア酸性カラーや香草カラーなども誕生しました。

白髪を染めたいという単純な思いだけではなく、髪や頭皮に優しいというカラーが考えられたということですね。

そして、最近では白髪染めトリートメントというのが注目されています。

白髪染めトリートメントは髪や頭皮を守る自然の成分で作られているもので、使えば使うほど、髪が染まる、そして髪がつやつやになるという効果があります。

参考サイト⇒http://oiseauxquebec.net/

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.